磯子・岡村天満宮--ゆずの壁画

人気デュオの「ゆず」の二人は、デビュー前、

伊勢佐木モールの横浜松坂屋前でストリートライヴをやっていたことは有名です。

デビュー後、横浜松坂屋の屋上の壁には、彼らの発祥地を記念し、

縦2.7メートル横5.4メートルの巨大な壁画が描かれました。その横浜松坂屋も2008年に閉店。

建物取り壊しの際に壁画を残そうということで、選ばれた移設先が、彼らの出身地、磯子区岡村の岡村天満宮でした。

現在、岡村天満宮ではこの壁画を見ることができます。

yuzu.jpg

伊勢山皇大神宮ーー大洋球団

横浜DeNA ベイスターズ は1978年から1992年までは

横浜大洋ホエールズという球団名でした。

伊勢山皇大神宮の参道の階段には、今でも大洋球団の名前が残っています!

iseyama大洋

本町 横浜市開港記念館

横浜市開港記念会館は、横浜開港50周年を記念し、

横浜市民からの寄付を募り建設された記念建造物です。

大正6(1917)年6月30日に竣工し、翌7 月1日に「開港記念横浜会館」として開館しました。

この建物は、翌大正7年に竣工した大阪中之島公会堂とともに

大正期二大公会堂建築のひとつに数えられています。

現在は公会堂、会議室として一般でも利用可能。飲食を伴わなければ結婚式の利用も可能です。

開港記念館

日の出湧水

日ノ出町と黄金町の間、大岡川沿いに、

湧水があるのをご存知ですか?

幕末、関内、関外エリアは埋め立てられて、良質な水が得られませんでした。

日ノ出町は野毛山の湧水がふんだんにあり、明治時代には民間の給水業者もいたそうです。

この湧水は、現在は飲めませんが、水源は野毛山と言われていて、東小学校のあたりから引かれています。

日の出湧き水

近代街路樹発祥の地

1867(慶応3)年頃、馬車道では、美しい景観づくりのため、各商店により柳と松の街路樹が植えられました。

今では、街路樹がある風景は当たり前ですが、これが近代的街路樹の先駆けとなりました。

現在馬車道の入り口には「近代街路樹発祥の地」の記念碑がたっています。

近代街路樹発祥
プロフィール

横浜ベイサイドウォッチ

Author:横浜ベイサイドウォッチ
横浜情報マガジン「横浜ベイサイドウォッチ」は、横浜情報ウェブマガジンです。横浜の地域情報、人気スポット、B級グルメ情報、注目イベント、人の紹介などをお届けしてまいります。Facebook版はこちら
企画運営:横浜の企画編集プロダクション 有限会社エムプロジェクト
http://www.m-pj.com

facebook
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR