このボリューム満点のサンマーメンならここ! ― 関内 『吉田飯店 関内店』

関内 『吉田飯店 関内店』

1.jpg

関内駅北口を出て
大通りを渡った先のサンクスを
左に入った道にこの店はある。
関内駅からも遠くはない。

5.jpg

外観は2階建てで間口は狭い。
しかし、中に入ると縦長で奥行きがある。

昼飯時をやや過ぎた時間ではあるが
ファミレスのような6人掛けの対面シートが並ぶ店内は
多くの人でにぎわっている。

店の外にも写真が出ている「サンマーメン」を注文する。
値段は680円。消費税が上がったあとも価格は据え置きだ。


自分んが入ったそのあとにもさらにお客さんが入り、
厨房からは鍋を降る音が途切れることなしに聞こえてくる。

待つこと数分でサンマーメン着丼!

1.jpg

ここのサンマーメンは他店と比べて明らかに量が多い。
丼が大きく、スープも麺も具も並々と盛られている。
デフォルトでこれだから、大盛を頼んだら
えらいことになりそうだ。

2.jpg

もやし、にら、玉ねぎ、きくらげなどのタップリの野菜を
あんかけにしているのがサンマーメンの特徴。
横浜以外の人に聞くと、知らない人が多いことに驚くが、
よく言われる「サンマ」が乗った麺ではないのだ。

野菜を一口食べてみる。
シャキシャキとした歯ごたえで程よく炒められており美味しい!

スープをすくってみる。

4.jpg

こちらのスープは透明度が高い。
良くあるのはもう少し醤油が強い感じだが
こちらのは塩味に近い感じであっさりしながらも
野菜のうまみが良く出ている。

3.jpg

麺は中華の細い麺である。
これが、通常の1.5玉もしくは2玉分ぐらい入っており、
普通にこれを食べればおなか一杯になる量だ。

他にも麺類、定食類も充実しているので
ガッツリ食べたいときにはお勧めのお店である。


サンマーメン 680円

吉田飯店 関内店

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:中華料理 | 関内駅伊勢佐木長者町駅馬車道駅

関連記事

テーマ : 横浜!YOKOHAMA!
ジャンル : 地域情報

横浜橋商店街の人気ラーメン店 『ラーメン屋 けん』が移転!

横浜橋商店街 『ラーメン屋 けん』


KIMG3050.jpg


横浜橋商店街にある人気ラーメン店
『ラーメン屋 けん』が武蔵小杉に移転すると聞いて
最後に食べておかねばと思い訪問した。

場所は横浜橋商店街のメイン通り
浦舟町に近い方にある。

KIMG3057.jpg

赤い大きな膜と暖簾が目印。
これがなくなってしまうとなると寂しい。

券売機で食券を購入。
キャベツラーメン700円と中盛り100円を購入。

券売機の下には
移転のお知らせを告げる紙が貼られていた。

KIMG3049.jpg

昼1時過ぎの訪問だったが
店内は満席。
入口で空くのを暫し待つ。

程なくして空きが出て着席。
ここの店は、醤油と辛子味噌のいずれか
スープの味が選べる。
食券を渡して、味は辛子味噌で注文した。

5分程度待って着丼!

KIMG3050.jpg

まずスープからいただく。
色がやや赤いスープは辛子味噌の辛さが程よく美味い!

KIMG3056.jpg

麺の方さは普通でお願いした。
中太のやや縮れた麺との相性も良い。

KIMG3055.jpg

ラーメンの上には
大きめのチャーシューが一枚。
柔らかくて美味い!

KIMG3053.jpg

茹でたほうれん草と海苔が3枚

KIMG3051.jpg

そしてキャベツが乗っている。
キャベツは程よい硬さでとても食べやすい。

KIMG3052.jpg

食べている途中もお客さんが途切れず
席の空く間もなく次々とお客さんが入ってきた。
皆、この店が移転してしまうので
最後に食べておきたいという思いで来ているようである。
店を出る頃には、3名ほどの待ちも出てしまっていた。

お店は13日の日曜日まで。
明日明後日も相当混むことが予想される。

横浜橋からなくなってしまうのは残念だが
是非新天地の武蔵小杉に移っても
頑張って欲しいお店だ。


キャベツラーメン 700円
中盛り 100円


ラーメン屋 けん

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ラーメン | 阪東橋駅伊勢佐木長者町駅黄金町駅


関連記事

テーマ : 横浜!YOKOHAMA!
ジャンル : 地域情報

夜限定オープン!昭和なラーメン店で肉厚チャーシューをいただく ― 黄金町『名物屋』

黄金町 『 名物屋 』

20140401014741969.jpg

この店は黄金町駅のすぐ目の前、
交差点角に夜間限定でオープンしている人気店。

201404010154581ce.jpg

訪問したのは月末、年度末、消費税アップ前日の夜。
時間は残業を終えた夜11時前。

8名も入ればいっぱいになってしまいそうな小さな店は
こんな時間にも関わらず先客3名いた。

店構えもさることながら
店の中も昭和感漂うカウンターのみの店。
ご主人と女将さん二人で切り盛りしている。

この店の現在の営業時間は午後6時半から夜12時。
以前は午後7時からだったが今は30分早まった。
とにかく夜のみの営業なので
この近辺に飲みにでも来ないと、中々訪問できない。

支那竹ワンタン麺1050円を注文。
出来上がるのを待つ間にまた新しい客が入ってきた。
しばらくして着丼。

20140401020002f1b.jpg

見るからに美味そうだ!
表面に刻みネギ、焦がしネギがたくさん浮かんでる。
支那竹、チャーシュー、ワンタンと
メニュー名称通りのものが一通り乗っているの分かる。

スープを一口すくってみる。

201404010201360dd.jpg

生姜の味が効いた醤油味のスープが美味い。
この店の評価では、スープがあっさりというのが多いが、
自分には、胡椒の味のような結構パンチのある味に感じた。

20140401020638510.jpg

麺は中ぐらいのストレート麺。

2014040102082706e.jpg

色黒の支那竹は歯ごたえもあり
味も程よく美味い。

20140401021043787.jpg

ワンタンは6〜7個ぐらいは入っているだろうか
柔らかめながら結構食べでがある。

20140401021250abf.jpg

何と言っても凄いのがこのチャーシュー。
1番厚い部分は、厚さ1cm弱はあろうかという厚切り!
脂身は無くかみごたえがあって肉肉しいところが良い。

値段が1050円と高めの設定なのが
若干残念ではあるが、
味、ボリュームとも満足のいく一杯だ。

お会計の時に、女将さんに
消費税アップしたら値上げするのか聞いてみたところ
「計算するのが面倒臭いからこのまんま」
とのことだった。

支那竹ワンタン麺1050円


名物屋

夜総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:ラーメン | 黄金町駅阪東橋駅日ノ出町駅



関連記事

テーマ : 横浜!YOKOHAMA!
ジャンル : 地域情報

プロフィール

横浜ベイサイドウォッチ

Author:横浜ベイサイドウォッチ
横浜情報マガジン「横浜ベイサイドウォッチ」は、横浜情報ウェブマガジンです。横浜の地域情報、人気スポット、B級グルメ情報、注目イベント、人の紹介などをお届けしてまいります。Facebook版はこちら
企画運営:横浜の企画編集プロダクション 有限会社エムプロジェクト
http://www.m-pj.com

facebook
最新記事
カテゴリ
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR